ステンレス製品の基本的メンテナンスと頑固な焦げと変色の対処方法とは

ステンレス調理器具のメンテナンス方法

予熱料理に向いているので無水料理にも使用できる

多層鍋の中でも全面多層とされる物については、熱が伝わりやすく・熱ムラもなく美味しく出来上がります。 予熱料理に向いているため、無水料理にも使用出来るため、料理好きの方は一つ持っていて損は無いでしょう。 他の鍋よりは、少々値段が高めということはあるのですが、焦げ付きにくく汚れにくいというのは嬉しい点です。

短時間の空焚きであっても底面が変形してしまう

多層鍋で少し気をつけた方が良いことは、鍋の底の部分だけが多層構造になっているということです。 側面だけ温度が高くなりやすいので、全面多層のものと比較して焦げつきやすいでしょう。 また、短時間の空焚きであっても底面が変形してしまうという物もあるので、使用方法には気をつけましょう。

特殊技術によりいくつかの層を重ねている

ステンレスがサビにくいというのは、ステンレスに含まれているクロム(Cr)が空気中の酸素と結びついているため、ステンレスの表面にバリア(不動態皮膜)を作り、サビの発生を防止してくれているからです。
ステンレスは、クロムの量が多ければ多いほど不動態を形成しやすく、ニッケルが含まれている際には、更に不動態を形成しやすくする働きをしてくれるのです。
ステンレスが「さびにくい」からといって、油断は禁物です。
他のさびている鉄製品と接触することにより、移ってしまう「もらいサビ」や塩分の付着・塩素系漂白剤による一部の洗剤を使うことが原因でさびてしまう場合があります。
新しいステンレス鍋を布巾などで拭くと、黒いものが付くことがあります。
「これはいったい何の汚れ」と驚かれると思いますが、実はこの黒い物の正体は鍋の製造時に使用した研磨剤の残りカスや、ステンレス表面の不動態皮膜がこすれて落ちた物なのです。
鍋の説明書には、初めてご使用になる際は、製造時に使用する研磨剤の残りカスを落としきれずに付いている場合があるので、食器用洗剤で十分にこすり洗いしてください。
それでも付いているという場合は、水を入れて沸騰させて流し捨てて、さらに洗浄してくださいという注意書きがあります。
特に、ステンレス鍋の表面に、水垢とは異なる白っぽい斑点が見られたり、その周りが変色しているのを見つけたら要注意です。
これは、塩素や酸が要因の孔食(こうしょく)と呼ばれる腐食現象の一つで、孔食は、調理物に含まれる塩分や水道水に含まれる塩素が付着することにより起こります。
そのまま使用しても問題はないのですが、使い方に気をつけなければ症状が進行してしまいます。
パスタや青菜を茹でる際に塩を入れると思いますが、その時に塩をよく溶かすようにして、塩分を含む料理をした際は、いつも以上によく洗い、しっかり水気を拭き取って保管するようにしてください。

新しいステンレス鍋を布巾などで拭く理由

多重構造とは、2層のステンレスの間にアルミなどの他の金属層がはさまれているというものをいいます。 「熱しやすく、冷めやすい」アルミとは違う「熱しにくく、冷めにくい」というのが、特殊技術によりいくつかの層を重ねているいるため、熱しやすい、冷めにくい鍋という2つの金属の良い所を併せ持っています。