ステンレス製品の基本的メンテナンスと頑固な焦げと変色の対処方法とは

>

新しいステンレス鍋を布巾などで拭く理由

ステンレス鍋やフライパン普段のお手入れ

ステンレス鍋やフライパンの普段のお手入れについては、それほど難しいことはありません。
台所洗剤とスポンジで洗い、しっかりとすすぎ水気を良く切り(布巾などで水気を拭き取る)だけです。
鍋やフライパンに食材がこびりついているときや軽い焦げつきがある際には、やや硬めのナイロン不織布などの素材のスポンジか、パーム椰子素材のタワシを使用するとよいでしょう。
硬すぎるスポンジやたわしには注意が必要です。
硬い素材のスポンジやスチールたわしを使用する際、焦げ付きは取れやすくなるのですが、表面が傷つきやすくなるでしょう。
使用する場合には、あまり力の入れないように注意してください。
ステンレス鍋やフライパンは、多少傷がついても機能性には問題はないのですが、なるべく普段のお手入れでは避けた方がよいでしょう。

頑固に焦げついた場合には

一番負担が少ない、コゲの落とし方は、お湯で柔らかくして取り除くという方法です。
煮焦げや焼き焦げなどは、すぐに対処すると綺麗に落とすことが可能でしょう。
頑固に焦げついた際には、鍋にお湯を入れるのではなく、鍋に水を入れて沸騰するまで煮立てると効果があるでしょう。
その後は、焦げつきが柔らかくなったのを確認して、クレンザーを付けたスポンジやナイロンたわしなどで、あまり力を入れずにこすり洗いをしましょう。
鍋というよりもフライパンに多いかと思いますが、外側や底などのコゲが気になるという時には、重曹パックを試してみましょう。
重曹パックの作り方は、水(大さじ1)・重曹(大さじ3)が目安です。
材料を混ぜ合わせてペースト状にして、コゲ部分に直接塗り、ラップで覆い10分程度置いておき、それでも落ちない場合には時間を調整して、スポンジなどで軽くこすりコゲを落とすとすると良いでしょう。


この記事をシェアする