ステンレス製品の基本的メンテナンスと頑固な焦げと変色の対処方法とは

>

予熱料理に向いているので無水料理にも使用できる

コゲだけではなく変色や水垢などの気になる

ステンレス鍋やフライパンを使用していると、コゲだけではなく「変色」や「水垢」など、気になる汚れを目にする事があります。
これらの症状については、それぞれ汚れの要因や落とし方・使用する洗剤などが違います。
知らずに異なったお手入れをしてしまう事で、汚れが落ちないどころか大切な鍋やフライパンなどを傷めてしまっているかもしれません。
吹きこぼしや焦がしというあまり覚えがないのに、鍋の側面が薄茶色に変色してしまう事があります。
これは、ステンレス製の調理器具にはよくある事で、熱変色(テンパーカラー現象)といわれるものです。
ステンレスの表面の不動態皮膜が、コンロの火で加熱される事により変色を起こします。
主な要因は、空焚きや強すぎる火加減によるもので、衛生的に問題はないのですが、やっぱり見た目が気になるという方も多いです。
そのような時は、「ステンレス専用クレンザー」で磨く事で綺麗に落とす事が可能でしょう。

うっかりサビ付かせてしまった場合

ステンレス鍋やフライパンは、「さびにくい」といわれますが、決してさびないわけではありません。
例えばですが、調理物に含まれる塩分や水道水に含まれる塩素などには弱いという性質があるのです。
気をつけていたつもりであっても、ついうっかり発生してしまうのが「もらいサビ」です。
よくあるというのが、「サビやすい素材の鍋と重ねて収納していた」などの場合です。
他にも、金たわしや包丁などキッチンには、さびやすい素材のものから、いつの間にかステンレス鍋やフライパンにも移っていたという事も耳にします。
そのまま放置は禁物です。
サビを見つけたら、腐食が進まないうちに対処しましょう。
万が一サビが出た際は、スポンジなどにクレンザーをつけて、調理器具の表面のスジメに沿って、サビ自体をこすって落としましょう。
綺麗になった際には、よく水洗いして、しっかり水気を拭き取ってから保管すると良いでしょう。


この記事をシェアする